脱毛サロンを適当に選ぶと失敗するって知ってましたか?

  • vio脱毛をしたいけど何処のエステサロンに行けばいいのかわからない。
  • vio脱毛の他に脱毛したい部位がある。
  • できるだけ安くvio脱毛をしたい。
  • お金がかかっても早く脱毛を終わらせたい。

このように悩んでいる人は、無料診断をしてください。
10秒であなたにオススメのエステサロン・美容外科クリニックを診断できます。

 

無料診断

家庭用脱毛器のメリット・デメリットを理解しておく

 

家庭用脱毛器は、この数年で性能的に大変進化をしてきていて、中にはエステサロン並みの脱毛効果を実感できるといった、高性能なものも登場してきています。

 

家庭で気軽に本格的な脱毛を行うことが出来る家庭用脱毛器の人気は、年々高まりつつありますが、価格的には決して安価なものではないため、購入に一歩踏み出せないという方も少なくないようですね。
ここでは、そういった家庭用脱毛器購入を迷っている方の参考となるように、家庭用脱毛器の持つメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

家庭用脱毛器のメリットとは

家庭用脱毛器の持つ大きなメリットは、なんといっても「いつでもどこでも好きな時に、本格脱毛が出来る」という点にあります。
エステサロンや美容外科の脱毛は、費用も時間もある程度確保する必要があります。

 

特に時間の面では、施術時間以外にも、移動時間、待ち時間、手続き時間などなど、意外に多くの時間を必要とします。
また、最近はエステサロンの脱毛は人気が大変高く、予約を取るのが非常に困難という問題も出てきており、仕事や用事で予約をキャンセルすると、次の予約が1〜2カ月後になってしまった、なんてケースも出てきています。

 

しかし、家庭用脱毛器であれば、そういった時間の問題は簡単に解消出来てしまいます。
自分の好きな時に好きなだけ脱毛が出来るというのは、家庭用脱毛器ならではのメリットだと言えるでしょう。

 

家庭用脱毛器のデメリットとは

これに対して、家庭用脱毛器のデメリットは、効果の低さやランニングコストにあります。
家庭用脱毛器は、年々進化を遂げていますが、家庭用向けということで出力や電圧などは業務用・医療用機器に一歩譲ります。
そのため、1回の施術における脱毛効果は、エステサロンや美容外科よりも低いというのが実情です。

 

また、現在家庭用脱毛器で主流のフラッシュ脱毛は、カードリッジ部分が消耗品のため、定期的に取り換えが必要となっています。
そのため、ランニングコストがかかるようになっており、家庭用脱毛器の種類によってはエステ以上の費用がかかるケースもありますので注意が必要です。

 

ミュゼプラチナム

【ミュゼ・プラチナム】ハイジーナ脱毛

 

全国157店舗。女性専用のエステサロン
ハイジーナ脱毛が4回/37,200円

TBC・

【TBC・エピレ】vio脱毛がたったの9,000円!

 

「vio・5脱毛ファーストプラン」5部位全部まとめて、3回9,000円

 

無料診断